toggle

 

    山と木文化の研究会(ヤマケン)

 山と木文化の研究会(ヤマケン)は建築設計者、施工者、木材製材者、木材生産者(林業者)、森林関係の統計に詳しい学識者などで構成する任意団体であり、高橋が木のテントを担当しています。
 山で生産される木材資源を有効にまちで活用することで、山からまち、まちから山へと循環していく地域経済・文化交流を促進し継続し活発化する事を目標としています。
 平成27年初夏頃から京都府建築士会内の有志で始まった勉強グループ「モクモク会」が京都府建築士会内の研究会「山と住文化の研究会」を経て、平成30年4月から任意団体として活動しています。
 ヤマケン木のテントは研究会になった頃に始まった髙橋が担当する事業のひとつ。

ヤマケン木のテント事業の概要(PDF/700KB)